種類が多いうつ病の治療法【施術の特徴を解説】

負担にならない行動を

ハート

家族や同僚、友人とのかかわりは、うつ病を治療中の人にとって大きな心の支えです。しかし、良かれと考え行動したことが本人の負担になることもあります。神経質になりすぎる必要はないですが、病気を理解し支えていくことが大事です。

うつになったら

カウンセリング

うつ病の治療で重要なのは、用法・用量を守った正しい服薬だけではありません。抗うつ剤の恩恵を十分に受けるためには、心身ともに休める環境を作ることが必要です。十分な休養をとってこそ、薬の効果が正しく発揮されるのです。

どの病院で診てもらうか

聴診器

うつ病になってしまった時のために、予めすぐに治療を始められる病院(精神科等)を下調べしておいた方が良いでしょう。通院しやすい場所にあり、評判の良い医者がいる病院を探しておくことで、早期回復の可能性を上げることができます。

対処方法がことなります

男性

うつ病には大うつ病と双極性障害の2つに大別することが出来ます。症状の出方によっても治療が異なるため、医師に相談しながら気長に付き合っていくことが大切です。自覚や治療の継続が難しいことも多いため、周りの人間のサポートが必要です。

一人で悩まず専門家に相談

ナース

うつ病は心だけの病ではありません。ホルモンバランスや自律神経が乱れてしまうと、日常生活に支障をきたす程の体調不良になる可能性があります。病院では心だけでなく身体面から治療をしていくことが可能です。上手に頼ってしっかり治療しましょう。